海外FX スプレッド比較

海外FXをやるのにスプレッドが狭いところを優先して選びたい人は多いと思います。

ただし、スプレッドが狭いだけで管理画面の操作が面倒だったり入金や出金が面倒なところ、もしくはマイナーで信頼できないような業社だと避けたいものです。

そこでこのページではスプレッドを気にされる方が参考にできるように、ある日のスプレッドをもとに、運営歴や日本人登録者の多さなど信頼度の高い海外FX業社に限定してスプレッド比較できる一覧にしてみました。

海外FXで人気の業社のスプレッド比較

業者名 EUR/USD GBP/USD USD/JPY GBP/JPY USD/CAD EUR/AUD EUR/JPY EUR/GBP
XM 1.7 2.3 1.8 2.1 2.1 2.0 2.6 1.8
AXIORY 1.6 1.9 1.5 3.0 1.9 3.3 2.3 1.6
TITAN FX 0.8 1.2 1.2 2.2 1.6 2.4 1.6 1.2
iForex 1.8 3.0 1.8 5.0 4.0 9.0 1.8 3.0
GemForex(オールインワン口座 1.5 2.2 1.5 2.0 1.5 2.3 1.6 1.7
BigBoss非推奨 ライセンスなし 1.6 1.9 1.4 2.3 2.4 3.1 2.4 2.1
TradeviewForex 0.3 0.3 0.2 0.7 0.5 0.8 0.5 0.5
TradersTrust 1.2 1.6 0.7 1.5 3.0 3.5 1.1 2.5
IronForex 2.2 2.3 2.6 6.5 3.1 8.1 3.4 3.2

上記のGemForexはオールインワン口座について記載してありますが、ノースプレッド口座なら0.0~1.5ほどの間となり、レバレッジ5000倍の口座の場合には2.0~2.7ほどの間となっています。

ちなみに、日本人トレーダーが最も多いのはXMになります。

スプレッドや手数料も気になるところですが、扱いやすさや信頼性などでトータルで見た場合にはXMが群を抜いていると感じてます。

日本人の登録者数が1位という数字がスプレッドの広さなども全てカバーできる魅力だと思ってます。

海外FX業社選びはスプレッドより約定力を重視したい!

海外FX業社を選ぶにはスプレッドは数ある考慮すべきポイントの1つに過ぎません。なのでスプレッドの狭さだけで選ぶと失敗のもととなります。

スプレッドよりも重要なポイントとして約定力があるからです。

約定力が低ければいくら良いタイミングで注文を出しても自分の計算通りに利益が出なくなってしまうからです。

仮にその海外FX業社のボーナスが魅力的でも、スプレッドが狭くても、管理画面が操作しやすくても、約定力が低ければ利益が出せずにストレスを抱えることになります。

トレード全体にわたって収益ダウンになるのでトレードしている意味すらないと思えるかもしれません。

せっかくスプレッドを気にされているのであれば、より優先すべき約定力の高さを評判の良さなどから判断してみるべきです。

そういう意味でも、先に紹介したXMはトータルで見た場合の魅力は当然のこと、約定力の高さでも定評があるのでどこの海外FXのブログを見てもイチオシされているわけです。

初心者ほど「スプレッドが狭いところを優先」になりがちですが、トータルバランスで見てください。

ご自身で海外FX業社を選ぶべき魅力をトータルバランスで判断することは難しいですが、これまでにトレードをしてきた先輩トレーダーの声をまとめたり、膨大な海外FXサイトの詳細情報に目を通してきた筆者が選ぶならやはりXMにたどり着きます。