XMに入金をする手段として筆者の個人的な意見と周囲のトレード仲間の利用率の低さからも楽天銀行はおすすめしません。

その理由はXMから楽天銀行の口座に出金したお金が口座凍結によって出せなくなるリスクがあるからです。

このページのポイント
  • XMの入金に楽天銀行をおすすめしない理由
  • 銀行以外を選んだのに楽天銀行を使ってしまいがちなケース
  • XMでおすすめのの入金手段

XMの入金に楽天銀行をおすすめしない理由(個人的な感想)

    XM入金するだけなら楽天銀行でも問題はありませんが、問題は出金時に楽天銀行で口座凍結されるリスクがあるからです。

    XMでは楽天カードで入金をした場合、後に出金をする際には入金時と同じ手段の楽天銀行で出金しないといけないルールがあります。

    ちなみ「出金は入金と同額・同手段を最優先」といのは海外FXの共通ルールです。

    そのルール自体はXMに限らずどこの海外FXでも共通なのでとくにリスクを感じないかもしれませんが、実は、楽天銀行では高額の入出金をした人のなかに口座を凍結されたというケースがあるそうです。

    とくにXMなどの海外FXでトレードを事業として行ってる人が楽天銀行にまとまった資金を出金した場合に口座凍結のリスクが高まるようです。

    実は、楽天銀行の規約には個人口座について「事業目的の資金の受取りには利用できない」と書かれているんです。なので、どうやらこれに抵触したと判断された場合に口座凍結をされてしまうようです。

    個人でも法人同様に注意が必要

    XMのトレードを法人の活動としていなくても個人事業主として青色申告をしている場合などは税務署に事業届を出しているため「海外FXは事業目的」と判断される可能性があります。

    こうなってしまうと個人と楽天銀行との交渉は難しく弁護士に依頼しての交渉などが必要となるため、下手をすれば資金を取り戻せたとしても弁護士費用が大きいか、そうでなくても多額が弁護士費用に消えてしまうことも考えられます。

    なので、もし仮に楽天銀行からXMに入金をしようとお考えの方がいたら、他の銀行を利用しておくのが無難だと思います。

    今なら XMで口座開設する  だけで3,000円分のボーナスがもらえます。

    XMへの銀行送金以外の入金手段でも楽天銀行は注意

    XMに入金をするには銀行送金の他にも以下のように複数の入金手段があります。

    • クレジットカード
    • bitwallet(ビットウォレット)
    • SticPay(スティクペイ)

    とくにうっかりやってしまいがちなのがbitwallet(ビットウォレット)やSticPay(スティクペイ)での入金です。

    クレジットカードの場合には出金のことまで考えていることも多いと思いますが、bitwallet(ビットウォレット)やSticPay(スティクペイ)だとクレカと違ってもともと出金もできるサービスなので利益分を銀行を使って出金することを知らずに利用することがあります。

    そして、出金の際に楽天銀行を使ってしまうパターンです。

    はじめに紹介しましたように、銀行送金以外の入金手段では入金額と同額分までしか入金に使った手段では出金ができません。

    そこで楽天銀行を登録してあった人が上記の注意点を忘れてうっかり楽天銀行に向けて出金してしまうケースです。

    もしすでにXMで楽天銀行を登録してある場合にはすぐに別の銀行に変更しておくことをおすすめします。

    (補足)楽天銀行に出金処理をしたからといって必ず出金できなくなるということではありません。あくまでも口座凍結をされた人いるということなので避けるのが無難だという意味です。

    XMへのおすすめの入金方法

    XMへのおすすめの入金方法は日本の銀行を利用した送金です。

    おすすめの理由

    • 1回の出金処理で全額を銀行口座に出せる
    • 日本の銀行ほど信用できる決済サービスはない

    デメリットもあり

    • 出金手数料が高い

    今なら XMで口座開設する  だけで3,000円分のボーナスがもらえます。

    1回の出金処理で全額を銀行口座に出せる

    日本の銀行を利用して入金しておけばクレジットカードなどの他の決済方法と異なり1回で入金分も利益分もまとめて出金可能です。

    これが他の手段だと入金に利用した手段を使って出金を行い、続けて利益分の金額は銀行送金を利用して出金しないといけなく2度手間です。

    手間が増えるのに得することは何もありません。しいてあげればクレカ入金なら初めての人でも簡単にできるというくらいです。

    筆者も慣れるまではクレカで入金をしていましたが今では銀行送金(楽天以外)を利用するようになりました。

    日本の銀行ほど信用できる決済サービスはない

    bitwallet(ビットウォレット)やSticPay(スティクペイ)などの決済サービスも信頼はできますが、サービスにトラブルが発生した場合にはその時点で入れたあった資金を出せなくなるリスクがあります。(その時の心理的な不安は深刻です)

    日本の銀行ならお金が出せなくなってもまず間違いなくシステム障害などの一時的なものでその後に確実に利用再開となるので「明日まで待てばいいか」と気楽に構えていられます。

    ところが、海外にある決済サービスだとそこまでの信頼性がないので非常に不安になります。

    もし、何かトラブルがあっても日本語サポートを利用して交渉する必要があったり、最悪、サポートも繋がらなくなったらどこに泣きついたら良いかも分かりません。

    だからXMでは日本の銀行を利用して入金・出金を行うのが最も安心でおすすめだと言えます。

    次に、銀行出金を利用する場合の唯一のデメリットを紹介しておきますね。

    銀行は出金手数料が高い

    銀行出金をする場合には手数料が2,000円ほどかかることは覚悟しておく必要があります。

    なのでなるべく出金回数は少なくしてなおかつまとまった金額を出金することが節約に繋がります。

    それと、大手銀行でネットバンキングを利用するのが手数料を節約するための唯一の対策と言えます。

    手数料を考慮した場合には「住信SBIネット銀行」なども人気がありますが、筆者の場合にはあまり沢山の銀行口座を作るとパスワードの管理などが面倒になるので1回数百円程度の違いなら日頃からメインバンクである「三菱UFJ銀行」を愛用しています。

    多少の手数料の違いなら入金も出金も操作に慣れているところのほうが効率が良いので、労力まで含めて考えたらそれこそが「あなたの時間・労力の節約」になると思います。

     

    最後に

    XMに楽天銀行から入金をしたら出金の際に口座凍結となるリスクがあるので避けるのが無難です。

    ただし、銀行以外の入金手段を使っても利益分は銀行を使わないといけないので、その時にうっかり楽天銀行を選ばないように注意が必要です。(避けるなら)

    XMで最もおすすめの入金手段は楽天以外の銀行を使った「銀行送金」になります。

    銀行だと出金の際に手数料はそこそこしますが海外の決済サービスと違い日本の銀行を使う安心感と入金額・利益額を1回の処理で出金できる効率の良さから見れば手数料を払う価値は十分あると思っています。

    人気の銀行は「住信SBIネット銀行」や「三菱UFJ銀行」があります。

    今なら XMで口座開設する  だけで3,000円分のボーナスがもらえます。