海外FXの入金方法でおすすめと言えば

海外FXの入金方法でおすすめと言えば何か?これはトレード資金が小さいか大きいかで異なります。

筆者の場合も初心者の頃の小額入金をしていた時と最近のように比較的まとまった金額を入金するようになってからでは入金方法が変わりました。

そこで今回は海外FXでのおすすめの入金方法について紹介してみたいと思います。

海外FXの入金方法でおすすめはクレカと銀行

入金におすすめの方法はクレジットカード入金と銀行送金になります。

  • クレジットカード入金
  • 銀行送金による入金

おすすめといってもメリットだけではなくデメリットもあります。両方を紹介しておきますね。

クレジットカード入金

クレジットカードで入金をするメリットはなんと言っても手軽さです。

カードには限度額があるので1回の入金額が大きいとすぐに月額上限に達してしまいます。なので1回の入金が数千円や数万円、もしくは月額で数十万円くらいの初心者や中級者のトレーダーに向いていると言えます。

注意が必要なのは海外FX会社によっては対応していないカード会社があったり、本来使えるはずのVISAカードでも発行元によって入金がエラーになってしまうことがあるという点です。

なお、デメリットは入金が成功するかどうか使ってみないと分からない不確実さです。

【参考にどうぞ】→ 海外FXはクレカのポイントが貯まらないって本当?

銀行送金による入金

銀行送金のメリットはなんと言っても確実さとクレジットカードでは対応できない大きな金額をまとめて入金ができることです。

それに銀行から入金してあった場合には出金時に全額を銀行送金で出金できるという利便性もあります。

通常、海外FXでは入金した時と同手段で入金額と同額をまずは出金する必要があり、残りは銀行送金を使って出金しないといけません。

つまり、入金の時点で銀行を使っておけば出金の際には1回の処理で済むので余計な手間がかからないというメリットもあるんです。

一方でデメリットは最初に登録するのが面倒なことです。支店名や銀行の住所などを英語表記で記入する手間があるので公式サイトの情報を参考に記入するなどの手間は海外FXの利用が初めての人のなかには心が折れそうになる人もいると思います。

ただし、そういった心配な点は当サイトのように入力見本を掲載している記事を参考にしてもらえるとどなたでも対処は可能ですよ。

海外FXの入金 仮想通貨はおすすめしません(リスク覚悟ならOK)

トレーダーによっては「いやいや仮想通貨の方がおすすめだよ」と思う人もいるかもしれませんが、仮想通貨はビットコインでもなんでも仮想通貨として保管している間に一瞬にして暴落するリスクがあるので筆者的にはおすすめしません。

もちろん逆に資金が跳ね上がることもあるので必ず損をするとは限りませんが、他のリアル通貨に比べると桁違いの不安定さを持っているのでよほどビットコインの動きなどを読める人でないとトレード前に資金を失うことになりかねません。

また、仮想通貨はどんなに大手の海外FX業者であっても突然に使えなくなるリスクもあります。

【こちらも参考にどうぞ】→ 海外FX ビットコインで取引(入金・出金も)できるところ

実際に日本人トレーダーが最も多く登録していると言われるXMトレーディングでもビットコインなど仮想通貨が今は使えなくなっています。

もちろん仮想通貨で入金をした後に取り扱いが中止になっても出金は銀行送金を使って出金ができるので出金できなくなる心配はありません。ただし仮想通貨での出金にこだわる人にはやはりリスキーですね。

最後に

海外FXへの入金でおすすめとしてクレジットカードと銀行送金の2種類をご紹介しました。

ただし、もし仮想通貨をお持ちの方で利用したいと思っていたり他の特定の決済手段を利用したい場合にはどれを利用しても特に大きな損得差はありませんので最終的には自分にとって都合が良いのを選べば大丈夫です。

ただし、これといって入金方法のこだわりがなければ数万円や数十万円くらいまでならクレカでも十分で、それ以上でも銀行送金を利用するのがおすすめです。

実際、筆者も少額の時はVISAカードを使い、そこそこの大きな金額の時は銀行を利用して入金するようにしています。